ホーム >> 宮崎の旬 バックナンバー

宮崎の旬バックナンバー

フルティカ

2019年4月掲載 2019年4月の宮崎の旬はフルティカです。

フルティカは、中玉トマトで、糖度が7〜8度あり、同じくらいの果重になる品種の中で糖度は最高レベルの品種です。果肉は滑らかで弾力性があり、食感がとてもいいです。皮が薄いので口に残りにくく、また、機能性成分であるリコピンを豊富に含んでいます。
日南市の山中農園で栽培されているフルティカは、とても人気があり手軽に食べられると喜ばれています。

提供:有限会社日興青果卸売市場

菜の花

2019年3月掲載 2019年3月の宮崎の旬は菜の花です。

菜の花は、アブラナ科の野菜で花が咲いていないつぼみの状態を食用にします。栄養価が高く、βカロテンやビタミンCがたっぷりです。コラーゲンの生成や肌荒れ改善、風邪やがんの予防効果などに期待が持てます。
選び方としては、葉と茎にハリがあり花が咲いていないつぼみの小さい新鮮なものが良いでしょう。茹でる時は、栄養を逃がさないよう沸騰したお湯で30秒〜1分茹でるのがポイントです。また、油と炒めると栄養の吸収が良くなるのでおすすめです。
天ぷらや和え物、煮物など和食にぴったりな食材ですので、ぜひ食卓に取り入れて「春」を感じてみてください。

提供:宮崎中央青果株式会社

白ネギ

2019年2月掲載 2019年2月の宮崎の旬は白ネギです。

ネギ特有の強い香りの成分は硫化アリル(アリシン)と言う成分によるもので、ビタミンB1の吸収を助ける他、血行を良くし疲労物質である乳酸を分解する作用などがあると言われており、肩こりや疲労回復の効果が期待できます。
そして、ビタミンB1の含まれる食材を一緒に摂取することで、ビタミンB1の吸収率を上げ糖質の代謝を促進することで、ダイエット効果を高めてくれます。
アリシンの強力な殺菌作用と鎮静効果、その他の栄養素であるビタミンC、ビタミンK、カルシウム、葉酸、βカロテン等で風邪予防はもちろん美容やダイエットにはもってこいの食材です。

提供:株式会社一ッ瀬青果市場

セロリ

2019年1月掲載 2019年1月の宮崎の旬はセロリです。

セロリの魅力は、やはり香り。心を落ち着かせる作用があるとして古くは薬草として使われてました。
肉や魚の臭みを消してくれるので香味野菜やスープ、煮込み料理にも重宝なお野菜です。
よく使われるのは茎の部分ですが、葉には茎よりもβカロテンが豊富に含まれてます。

提供:株式会社都城竹田青果

2018年のバックナンバーへ 2017年のバックナンバーへ
2016年のバックナンバーへ 2015年のバックナンバーへ
2014年のバックナンバーへ 2013年のバックナンバーへ
2012年のバックナンバーへ 2011年のバックナンバーへ
2010年のバックナンバーへ 2009年のバックナンバーへ
2008年のバックナンバーへ 2007年のバックナンバーへ
2006年のバックナンバーへ 2005年のバックナンバーへ
2004年のバックナンバーへ 2003年のバックナンバーへ

ページトップへ戻る

  • 我が家の料理自慢
  • クッキング術
  • オリジナルレシピ集
  • みんなのぬりえ
  • 青果物deクイズ

詳細地図を表示する

宮崎県青果市場連合会
〒880-0834 宮崎市新別府町雀田1185番地
宮崎中央青果内
[TEL] 0985-27-8000 [FAX] 0985-27-7775